スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国大使館に侵入、ウアルカイシ容疑者を釈放(読売新聞)

 警視庁は6日、中国大使館に侵入したとして建造物侵入容疑で逮捕した天安門事件の学生指導者ウアルカイシ容疑者(42)を釈放した。

 今後は任意で取り調べる。

 ウアルカイシ氏は同日午後4時頃、同庁東京湾岸署から釈放され、駆けつけた支援者らと握手を交わし、両親に会いたいという思いもあり、「帰国を求めようと大使館に入った。今後も永遠に帰国の努力を続けていく」などと話した。

忍者武器「苦無」を所持=製造会社社長を書類送検―改正銃刀法違反容疑・警視庁(時事通信)
年109万円もらう橋下知事「子ども手当、7人の食費に」(産経新聞)
ダイヤ再鑑定 工賃は?補償は? 小売業者、対応に苦慮(毎日新聞)
橋下知事、因縁の樽床氏に「ノーコメント」(産経新聞)
鳩山首相「正確に言うとまだ総理で…」(産経新聞)
スポンサーサイト

社民連立離脱「信念で乗り切るしかない」 鳩山首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は31日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題をめぐり社民党が連立離脱を決めたことについて、「安全保障に関する基本的な考え方が合わず大変残念だ。信念を持って乗り切っていくしかない」と述べた。首相公邸前で記者団に答えた。

[フォト]瀕死のハト襲う 社民離脱

 その上で、首相は「国民のためにしっかりした政治を取り戻していくことで頑張る」とも語り、続投する意向を強調した。

【関連記事】
社民連立離脱 基本政策「抜き」のツケだ
社民、連立離脱しても部分連合と選挙協力を模索
社民、連立離脱固まる 30日に決定
「それはそれ、これはこれ」 社民、連立離脱の一方で民主と選挙協力
民主党独自の世論調査 参院選、最悪で29議席
iPadが上陸

社民、連立是非で再協議=福島氏「県内移設、明確に反対」―普天間(時事通信)
杉並区長が記者会見で辞職表明 参院選出馬意向も(産経新聞)
種牛の処分回避要請へ=ワクチン接種、豚で開始―口蹄疫(時事通信)
<野球賭博疑惑>琴光喜関を任意で聴取 警視庁(毎日新聞)
小沢氏、郵政改革法案の会期内成立を強調(産経新聞)

<訃報>加藤克巳さん94歳=歌人(毎日新聞)

 短歌にモダニズム精神を取り入れた歌人の加藤克巳(かとう・かつみ)さんが16日午後11時15分、心不全のため死去した。94歳。葬儀は23日午前11時、さいたま市桜区下大久保1523の1の浦和斎場。喪主は次男正芳(まさよし)さん。

 京都府生まれ。1933年に国学院大入学後、新芸術派短歌運動の一環として「短歌精神」を創刊。37年に第1歌集「螺旋(らせん)階段」を刊行し、超現実的な手法を初めて短歌に導入して高く評価された。戦後の47年、近藤芳美、大野誠夫らと新歌人集団を結成し、短歌の新生面を切り開いた。53年、歌誌「近代」を創刊(後に「個性」)。2003年に終刊するまで主宰を務めた。

 70年、歌集「球体」で迢空賞。86年、「加藤克巳全歌集」で現代短歌大賞。「現代短歌史」「鑑賞釈迢空の秀歌」など、評論も多い。91年から4年間、現代歌人協会理事長を務めた。代表歌は<永遠は三角耳をふるわせて光にのって走りつづける>。

タクシー運転手殺害 メーター焼け売上金奪われる 神奈川(毎日新聞)
<無煙たばこ>東京限定発売 「一服」認める?分かれる対応(毎日新聞)
「フラガールズ甲子園」来春に、実行委が発足(読売新聞)
<訃報>加藤克巳さん94歳=歌人(毎日新聞)
参院選「七つ道具」見本3点盗難?…和歌山県(読売新聞)

<子宮頸がん>予防ワクチン、小6に集団接種…栃木・大田原(毎日新聞)

 栃木県大田原市で13日、小学校6年生の女子児童を対象に、子宮頸(けい)がん予防ワクチンの集団接種が始まった。1人当たり4万5000円の費用を市が全額負担する集団接種は、市などによると全国でも初めてという。来年度以降も続ける方針。

 市によると、市立小23校で来年1月までに、6年女子334人のうち希望者329人に接種する。福祉政策に力を入れており「女性の命を守ることは少子化問題の観点からも重要」として公費負担を決め1人3回分、計約3000万円を10年度予算で賄う。初日は金丸小の10人が接種を受け「がんになるのはいやなので、注射してよかった」「思ったより痛くなかった」と話したという。

 立ち会った自治医大の鈴木光明教授(産婦人科学)は「接種率を上げるには集団接種が有効で、学校での接種は素晴らしい」と話した。

 子宮頸がん予防には若年層へのワクチン接種が有効とされるが、3回で計5万円前後の費用がネックになっている。【柴田光二】

【関連ニュース】
質問なるほドリ:子宮頸がんワクチンって?=回答・小島正美
追跡・発掘:子宮頸がん 理解進まず受診率低調 4市町村で予防接種助成へ /山梨
ことば:子宮頸がん /山梨
子宮頸がんワクチン:県医師会「公費助成を」 市町長に要望書 /栃木
健やかわかやま:子宮頸がん予防接種、6年生女児に7月から--御坊市 /和歌山

<雑記帳>双子のヤギ「りょうま」と「おとめ」 め~コンビ(毎日新聞)
新青森開業12月4日、最速は「はやぶさ」(読売新聞)
普天間、決着先送りに言及=官房長官(時事通信)
<著作権法違反容疑>仮面ライダーに似たマスク販売 男逮捕(毎日新聞)
年に1度「幻の滝」 長野・樽滝(産経新聞)

淡路島でカーネーションの出荷ピーク(産経新聞)

 母の日(5月9日)を前に、日本有数の生産地、兵庫県淡路市でカーネーションの出荷がピークを迎えている。

 高瀬健一さん(56)経営の「フラワーハウスいきいき」では、7棟の温室(計約4600平方メートル)で40種類のカーネーションを栽培。家族らで花摘みや選別を行い、阪神地域を中心に出荷している。

 今年は日照不足や、春の寒の戻りの影響もあり発育に影響が出たが、水と栄養のバランスに気配りし、丹精をこめたという。高瀬さんは「濃い桜色で花弁の先端がギザギザとした『アストリド』や、オレンジ色の『クレイジーホース』など、最近は、色や形も変化に富んだものも人気です」と話している。

【関連記事】
デジタルフォトフレーム人気 手軽に「思い出」楽しめる
銀座に巨大カーネーション登場 母の日まで展示
遼クンら豪華5人、母親へ「ありがとう」
1万本のカーネーション花畑 ダイエー新浦安店
やっぱり幻!?「消えた」青いバラ

団鬼六さんが食道がん公表(時事通信)
「『両さん』像折った」男が出頭=器物損壊容疑で書類送検へ-警視庁(時事通信)
復元大極殿が完成=平城遷都1300年-式典に皇太子さま・奈良(時事通信)
ジオス破産申請、受講生ぼう然・講師も戸惑い(読売新聞)
舛添氏、報道陣に出馬求む「ぜひ、いらしてください」…「新党改革」結成会見(スポーツ報知)
プロフィール

ミスターしんじてらさわ

Author:ミスターしんじてらさわ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。